一筆龍ブログ

【7記事目】新しい筆で龍を描く!

投稿日:2019年6月6日 更新日:

綺麗な胴体とは程遠く・・・

 

昨日の話ですが・・・

 

Yシャツの中に着ていたTシャツが前後逆であったことに、夕方になってから気付いた永田です。

 

「どうして今日は首が苦しいんだろう?」とは思っていたのですが・・・

 

気付くのが遅かったので、丸一日、前後逆のまま過ごしました(笑)

 

 

新たに用意した筆で、龍を描いてみました。

2うねりくらいまでは何とかウロコを表現できましたが、

後半になるにつれてどうしても乱れます。

 

くるりと回転させる部分の表現は特に難しいです。

 

胴体がウネウネしていますので筆の角度も変わるのですが、

それに手が追い付いていない感じです。

 

でも、この二うねり目は立体感があって、龍の動きが表現できました。

 

筆を動かしながら、動きと立体感のある胴体を途切れずに描くのが一筆龍。

 

理屈が分かっても描くのは本当に難しいです。

 

心と体で感覚を掴むよう練習あるのみですね。

 

顔も描いてみました。

 

いつもと違う角度から胴体を描いたので、ガッタガタになりました。

緊張し過ぎている龍のようです(笑)

 

バランスにばかり気をとられて、筆に意識が集中できていない証拠。

息子もちらり。にこにこしていたのに、白目になる直前でシャッターが下りた(笑)

 

そして、京都一筆龍の手島さんより

 

「アメブロ見ました~~~」と連絡をいただきまして、

筆のちょっとした加工についてアドバイスまでいただきました!

 

感動!!

 

 

手島さん神です!!!

 

半月前くらいに一筆龍を始めたばかりの私に、真剣に向き合ってくれるなんて嬉しいです。
「自分なんかが・・・」とか「お忙しいのに・・・」

なんて遠慮するのは失礼ですから、ここは遠慮せず受け取ります!

 

 

今月下旬に手島さんのアトリエに伺いますので、

 

目が飛び出るくらい見ます。

 

そして鼓膜破れるくらい(意味不明)聴きます。

 

 

とにかく全力で学ばせていただきます!

-一筆龍ブログ

Copyright© 開雲見日 ~煌堂~ , 2020 All Rights Reserved.