一筆龍について

『一筆龍』とは?

龍の胴体を”一筆”で描いたものを『一筆龍』と呼びます。

途切れることなく描かれた龍の姿から、

 

「人との縁、仕事、財が途切れない」

 

という願いが込められた縁起物です。

 

 

こちらは、2020年4月に西東京市にある田無神社

奉納させていただいた五龍神です。

 

一筆龍オーダーはこちらから

 

一筆龍制作動画はこちら↓

 

一筆龍はいつから存在しているのか

正確な歴史は定かではないようですが、

江戸時代にはお祭りや縁日などで披露されていた”大衆アート”として存在していたようです。

 

現在ではあまり見かけませんが、似顔絵師のような身近な存在だったようですね。

 

当時は墨のみで描かれていた一筆龍ですが、

昭和に入り墨のみではなく鮮やかに色付けされた一筆龍が生まれ、

躍動感と魂を吹き込む技法が継承されてきました。

 

一筆龍はどんな人に喜ばれる?

・躊躇していたことがあったが、一大決心をしてやってみよう!と考えている方

・必ず○○を現実化させる!挑戦する!と決心した方

・経営者(自営業含め)でさらに幅を広げ、商売繁盛させたい方

・引越しをお考えの方(自宅をパワースポット化したい方)

・大切な人の開業祝い、退職祝い、新築祝い、結婚祝い、出産祝いなど、贈り物にしたい方

・自分自身と向き合う(会話する)機会を増やしたい方

 

以上のような方から大変喜ばれています!

 

私にとって『龍』はこんな存在

龍は”お金の流れの象徴”と言われたり”雨を司る神様”と言われていますが、

龍は人間が大好きで、人間へのサポートや後押しが得意な神様です。

 

龍の大好物は何かご存知ですか?

 

 

それは、人の”幸せな感情や向上心”なんですよ。

 

 

何よりも人が幸せに気付き、幸せでいることを望んでいる神様。

いつも人の近くにいて、あなたを後押ししようとしてくれている龍。

 

その龍に人が意識を合わせる(チャンネルが合う)ことによって、

「おおっ!あんた気付いてくれたね!」と喜んでくれて、

色々なサイン※を送りながら後押ししてくれるようになります。

 

※色々なサインっていうのは・・・

・龍雲を頻繁に見るようになった

・「8888」とかゾロ目ナンバーを良く見るようになった

・自分が気になっていることがやたらとテレビで視るように・・・

などといったものが多いです。

 

これは2017年4月の沖縄旅行の帰りの機内。夫婦で初めて見た龍雲です。

 

これは2019年の秋、子供の幼稚園の運動会で現れた龍雲です。

ガパッと口を開けていますね。

 

実はあちらの世界からのサインは頻繁に送られているのですが、

受け手がそのチャンネル(意識)に合わせないと、

気のせいにしてしまうことがほとんどです。

 

かくいう私もサラリーマン時代は空を見上げることがありませんでしたから、

龍雲に気付くようになったのは2017年からなんです。

 

”気のせいにしない”ことがそれらのサインに気付く訓練になるのですが、

龍を身近な場所に置くことにより

いつでも龍とのチャンネル合わせがしやすくなりますので、

縁起物である一筆龍はうってつけのアイテムだと思います。

 

ちなみに、私は龍と関わる仕事をするようになって、

山ほどあった”悩み”というものが綺麗さっぱり無くなったんです。

 

私は物事を頭や理屈で考えるタイプなので思い悩むと悪い方向へとことん突き進む人間でした。

顔にも態度にも出る、そして、妻が誰よりもその状態を見てきました。

 

それが、2019年5月から一筆龍に関わるようになり、一つ、また一つと悩みが無くなっていったんです。

龍を通して多くの方からの後押しがあり、たくさんの幸せを感じました。

そして、当たり前だと思っていた日常に、大きな幸せを感じられるようにもなりました。

 

今では何に悩んでいたっけ?という状態です。

 

とりあえずあれこれ考えずにやってみてきた(行動してみた)ことで、

やる前に抱えていた”不安”を払拭できているのもあるかもしれません。

 

人は”先が見えないもの” ”知らないこと”に対して不安感・恐怖感を持ち、

容易には踏み込めないように設計されています。(ある意味自己防衛本能が働く)

 

私も先が見えないことに対しては怖くて本当に動けなかったのですが、

龍の後押しを受けてちょっと勇気を出して踏み込んでみたらこうなりました。

このちょっとした勇気が龍の背中に乗るということなのだと思います。

 

私にとって龍とは、

自分自身の本音を探り、理解し、行動に移すための大切なパートナー

です。

 

今では”どうする?”

 

よりも

 

”自分はどうしたい?”

 

と問いかけることが当たり前になりまして、

それを最優先にすることが

 

”自分を大切にする”

 

ことだと理解できました。

 

『一筆龍』オーダー概要

 

一筆龍オーダーはこちらから

 

■オーダーサイズ(額縁を除いた絵のサイズです)

 

ミニサイズ・・・縦370mm×横170mm ★お手頃価格でおすすめ!!★

 

ハーフサイズ・・・縦544mm×横196mm ★極端に場所をとらず迫力あり!一番人気です★

 

フルサイズ・・・縦544mm×横392mm ★大迫力で2柱描くこともできます!★

 

■一筆龍価格

ミニサイズ・・・15,000円(税込・額縁代込み※)※ミニサイズのみ

ハーフサイズ・・・20,000円(税込)

フルサイズ・・・40,000円(税込)

 

■龍のカラー

黒い専用紙に描きますが、白ベースまたは金ベースで

間に色を入れることができます。

ご希望のカラーをオーダー時にお申し付けください。

※『虹龍』をご希望の場合、全てのサイズにおいて+5,000円にて承ります。

 

■額縁

価格は9,000円~20,000円まであります。

ハーフサイズは9種類の中から選択でき、

フルサイズは11種類から選択できます。

※ミニサイズは一筆龍価格に額縁料金が含まれております。

 

額縁ラインナップはこちら

※ラインナップページをご確認いただくと、イメージがつきやすいです。

 

■送料

1,500円~4,500円(お届け地域により変動します)

別途ご負担いただきます。(クロネコヤマトで配送)

 

■お支払い方法

お振込み or Paypal※

 

オーダー受付後、先払いをお願いいたします。

(別途お支払い依頼メールを送信しますので、メールフィルタを設定している方は、

info@goodfortune-nn.com」からの受信許可設定を予めお願いします。)

お支払い確認後に作品制作、発送をさせていただきます。

 

※(お願い)docomo、au、softbankなどのキャリアメールアドレスを連絡用としてご利用のお客様へ・・・

多くの場合、パソコンからのメールの受信を拒否する設定にデフォルト(初期設定)でされています。

2営業日以内に煌堂からのメール返信が無い場合、受信拒否設定になっている可能性が高いため、

お手数ですが「info@goodfortune-nn.com」からの受信許可設定を必ず行っていただきますようお願いいたします。(その後のやり取りができなくなる場合がありますため、ご協力をお願いいたします。)

 

 

※『PayPal(ペイパル)』でのお支払いに対応します。

合計価格+手数料5%にて承ります。

 

※PayPalアカウントをお持ちでない方は・・・

・クレジットカードなどを用意

・PayPalの新規登録画面より「パーソナルアカウント」を作成する(登録料無料)

・請求メールが届いたらログインして決済する
※請求書がメールで到着時にアカウントを開設することもできます。

お支払い時に売り主にカード番号を伝える必要が無く、

決済後のお支払いはクレジットカードとなるため分割払いにすることもできるメリットがあります。

PayPalについて詳しく確認

 

■龍の顔について

指定がなければ右向き(右肩上がりの意)の口を開けた龍を描きます。

右向きイメージ)

左向きイメージ)

 

■龍体文字について

絵に込めたい想いなどを遠慮なくお知らせください。

裏面に、”お名前”と”込めたい想い”に該当する文字を

龍体文字で施します。

 

例えば、商売繁盛、夫婦円満、健康、夢の実現、勝負運アップなど。

龍体文字とは?

龍体文字の例)

『商売繁盛』と『夢の実現』に関連した龍体文字です。

写真には入っていませんが、上部にはオーダー者のお名前を龍体文字で施しています。

 

■その他

フルサイズを選んでいただいた場合のみ、『双龍』を描けます。

※フルサイズで龍1柱でも可能です。

 

双龍×夫婦龍サンプル

 

双龍×阿吽龍※サンプル

※阿吽龍とは、口を開けた龍と口を閉じた龍を合わせて描く手法です。

詳しい説明はこちら

 

”あなただけの龍”を一筆龍で描きますので、

その他ご要望があれば遠慮なくお知らせください。

(可能な限り対応いたします。)

 

一筆龍オーダーはこちらから

 

 

新居の大黒柱の上部に飾っている昇龍

 

新居の大黒柱の下部に飾っている降龍

※この2柱で”双龍門”をイメージして守護してもらっています。

 

虹龍(細筆に多数の色を乗せて表現しています)

投稿日:2020年2月18日 更新日:

Copyright© 開雲見日 ~煌堂~ , 2020 All Rights Reserved.