一筆龍ブログ

【24記事目】昨日の失敗を活かしてみた!と黒い紙について

投稿日:2019年7月3日 更新日:

黒い紙に一筆龍を描くとき・・・ある意味覚悟の現れ

 

こんにちは、永田です。

 

前回の失敗を生かして、改めて同じ色(赤)で描いてみました。

うろこだけが赤で、腹部分は金色が出るようにしました。

 

まぁ・・・昨日よりはうまくいったかな?という感じです。

まだまだですが、毎日”学び”があります。

 

 

紙が白いからというのもあるかもしれませんが、

赤がちょっと安っぽく見えてしまうんですよね。

 

この赤は「カーマイン」という色なのですが、

純粋な赤よりもちょっとピンクがかっているので、

白い紙ではこう見えても仕方ないのかな~とも思いますが。

 

 

黒い紙だときっと見え方がガラッと変わるでしょう。

 

 

ちなみに、黒い紙についてちょっとお話します。

一筆龍絵師の方の多くは、黒い紙をベースに描くことが多いです。

 

これには理由があって、

黒い紙だと白や金色、銀色の表現がしやすいのと、

他の色の発色も良くなるためです。

 

完成したときの出来栄えが結構違うんですよね。

 

 

で、私は今のところ黒い紙は持っていません。

 

というのも、まずは練習をきっちり行いたかったので、

白い「アートポスト」という特殊な用紙を使って練習しています。

(アートポストの黒は存在せず、理想の厚みはありませんが”練習”はできる)

 

 

気になる黒い用紙の値段ですが・・・

 

一般家庭や会社で使うコピー用紙は、

A3用紙500枚であれば1,000円程度で買えます。

 

アートポストはA3用紙400枚入りが6,000円くらいで買えるので、

1枚あたり15円くらいです。

 

これでも一般紙と比べれば結構な値段なのですが・・・

 

黒の特殊用紙(ケンランという紙)を用意する場合、

0.5mmくらい厚みがあって、A3用紙400枚で約40,000円です。

 

1枚あたり100円に跳ね上がります。

 

 

普通のお店では手に入れることができないので、

ネットなどの問屋さんのようなところで仕入れます。

 

 

お金がかかるとか、どうのこうのじゃないのですが、

世に出す龍を描くために、一筆龍絵師は

そういうものを選んで描いているんですよ~ということです。

 

 

「白じゃなくて、黒い紙のほうが良いかも!」

 

「じゃあ、どの黒い紙が描きやすいんだろう?」

 

 

と思った人は、星の数ほどある紙の種類から

試行錯誤をして見つけ出したのですから、頭が下がります。

-一筆龍ブログ

Copyright© 開雲見日 ~煌堂~ , 2020 All Rights Reserved.